アップルギフトカードとAmazonギフト券を換える方法

アップルギフトカード amazon アップルギフトカード

App Store & iTunesギフトカードとApple Storeギフトカードが統合されて使い道がより幅広くなったアップルギフトカード。

元々、App Store & iTunesギフトカードはコンテンツの購入や課金用、Apple StoreギフトカードはApple製品やアクセサリの購入用と棲み分けがありましたが、それがなくなり、アップルギフトカードでアプリ課金もハードウェアの購入もできるようになっています。

このようにアップルギフトカードは幅広い使い道があり便利になりましたが、中にはAmazonギフト券の方が欲しいという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、アップルギフトカードをAmazonギフト券に換える方法をご紹介します。

逆にAmazonギフト券をアップルギフトカードに交換する方法としても有効なので、参考にしていただけたら幸いです。

アップルギフトカードとAmazonギフト券を換える手順

使い道がないアップルギフトカードをそのままにしておくのは勿体ないですし、無理やりアップルギフトカードとして使用するのであれば、Amazonギフト券に換えてAmazonでお買い物したいですよね。

ここからはアップルギフトカードを入手してからAmazonギフト券に交換する流れをご説明します。

既に不要なアップルギフトカードをお持ちの方は、現金化の章からご覧ください。

アップルギフトカードを入手する

一般的にiTunesカードを購入しようと思った場合には以下のような場所で購入する事になります。

・Apple Store
・apple.com
・App Store
・コンビニ
・家電量販店

アップルギフトカードはオンラインストアやコンビニなどで手軽に購入できます。

その他の入手方法として、ヤフオク!やギフト券売買サイトなどでも出品されていれば購入可能です。

定価より安く購入する事が出来る場合もありますが、アップルギフトカードの正規の購入方法ではないのでトラブルが起きた際の補償などはApple側はしてくれません。

また、アップルギフトカードは電子ギフト券に該当しますので、ギフトとしても人気です。

アップルギフトカードは音楽や映画、書籍だけでなくスマホアプリやアプリ内課金などといった幅広い用途があるため相手の好きな使い方で使う事ができる点でもプレゼントに向いています。

アップルギフトカードをプレゼントでもらったという方も多いのではないでしょうか?

そのほかに、twitterなどのSNSで企業アカウントがプレゼント企画でアップルギフトカードを配布しているのもよく目にします。

更に、ポイントサイトで貯めたポイントを景品として交換する際の選択肢としてもアップルギフトカードを選択できる場合があります。

アップルギフトカードを現金化

上記で紹介したあらゆる手段で手に入れたアップルギフトカードをAmazonギフト券に換える為に、まずは買取サイトにて現金化します。

買取サイト以外にもアップルギフトカードを現金化する方法はいくつかあるので紹介しますが、換金率や時間面などで買取サイトをおすすめします。

買取サイト

買取サイトでは、様々な電子ギフト券を買取しています。

中には90%以上の換金率で即日振込してくれるサイトもあります。

ただし、アップルギフトカードは他のギフト券と比べて販売開始から新しいので、取り扱っているサイトが少ないようです。

アップルギフトカードの買取をしているおすすめ買取サイトはこちらの記事でまとめていますので参考にしてみてください。

ヤフオク

ヤフオクではアップルギフトカードの出品が認められています。

出品するには下記の手順をこなす必要があります。

1.yahoo!JAPAN IDの登録
2.Yahoo!プレミアムの会員登録
3.出品者登録(氏名・住所・電話番号等)
4.口座情報登録(落札代金を銀行振込で希望する場合)
5.出品カテゴリの選択
6.必須項目の入力(商品タイトル・商品説明・価格設定など)
7.商品画像のアップロード

落札後は取引ナビを使って商品の発送などを行っていきます。

ギフト券の取引に関しては、ギフト券のタイプに関係なくギフトコードを送信するという形が主流です。

コードでのやりとりだと、落札後すぐに相手にアップルギフトカードを送る事が出来ますし、送料もかからないので双方にとって利点があるのです。

メルカリ

ヤフオクで出品するには若干手間に感じてしまう方もいるかと思います。

しかし、メルカリのようなフリマアプリで電子ギフト券の出品は出来ません。

出品してもすぐに出品が取り消され、何度も繰り返すとアカウントを停止される恐れもあるので気を付けましょう。

金券ショップ

金券・商品券の買取を行っているような金券ショップでも電子ギフト券の買取はしてない店が多いです。

電子ギフト券はアカウントに登録してみないと使用可能なものなのか判断ができないので従来の金券・商品券のような買取が難しいのです。

Amazonギフト券を購入

アップルギフトカードを売却して手に入れた現金を使ってAmazonにてAmazonギフト券を購入しましょう。

購入する方法としては大きく分けて、店舗で購入する方法とオンラインで購入する方法の2通りがあります。

その中で、現金で購入可能な方法をそれぞれ紹介していきます。

店舗で購入する

Amazonギフト券はコンビニや家電量販店などで販売されています。

店舗で購入する際は、原則として現金のみ支払い可能となっています。

オンラインで購入する

Amazonの公式サイトでAmazonギフト券を購入する際にはクレジットカードが必要というイメージがありますが、現金でも購入が可能です。

買取サイトを利用するのがおすすめの理由

不要なアップルギフトカードを現金に換えるのであれば買取サイトを利用するのが一番おすすめです。

買取サイトが最も簡単で安全に利用できる方法だと言えます。

その理由を紹介させていただきます。

利用手順が簡単・無料

アップルギフトカード買取の申し込みはサイトから行います。

申し込みする際は、氏名・住所・電話番号・銀行口座・ギフト券の情報などを明記して送信するだけです。

その後、買取サイトから指定した銀行口座に現金が振り込まれます。

確実に現金化が可能

オークションサイトなどでアップルギフトカードを出品する場合は、当たり前ですが落札者がいなければ現金を手にすることはできません。

買取サイトを利用すればその日のうちに買取をしてくれます。

申し込み時間や銀行口座の兼ね合いにもよりますが、基本的には即日で振り込みが完了されますので、その日に入金を確認しAmazonギフト券の購入まで出来ます。

トラブルの回避

オークションサイトでは個人間の取引なので、出品者と落札者の間でトラブルが起きる可能性があります。

トラブルが起きた時のリスクを考えると、会社として運営している買取サイトを選択する方がトラブルを回避できると言えるでしょう。

買取サイトの利用手順

今回は、当サイト調べで評価が高いギフト券買取サイト「ワンギフト」を例にしてご説明させて頂きます。

①公式サイトにアクセスし、「初回申し込み」をタップします。

②買取希望のギフト券を選択します。

③申し込みフォームに下記の必要事項を入力して送信します。

・ギフト券の種類
・クーポン
・ギフト券番号
・個人or法人
・氏名(漢字)
・氏名(フリガナ)
・住所
・メールアドレス
・電話番号
・パスワード
・本人確認書類
・振込先金融機関情報(銀行名/支店名/口座区分/口座番号/口座名義)

④確認メールが届き、指定した口座にお金が振り込まれ完了となります。

Amazonギフト券にはないアップルギフトカードの使い道

Amazonは世界中で利用されている最大手ショッピングサイトです。

Amazonにはあらゆる商品が販売されており、欲しい商品は検索すれば大体見つかるでしょう。

それとは対照的にアップルギフトカードはitunesやApple Storeでのみ使用する事ができ、購入できるものは音楽や映画などのデジタルコンテンツやApple製品です。

Amazonのように日用品や食料品、衣料品などを購入したりする事は出来ません。

そう考えるとAmazonギフト券の方がアップルギフトカードよりギフト券としての価値があるように感じますが、果たして本当にそうでしょうか?

たしかにAmazonギフト券は生活に必要な多くの商品を購入できますが、日用品はスーパーやコンビニなど実際に取り扱っているお店でも買う事が出来ます。

それに対してアップルギフトカードは特有の使い道があるのです。

音楽や映画などの購入

近年、音楽・映画・書籍などはデジタル化されスマートフォンなどの端末で気軽に楽しめる時代となりました。

それらのコンテンツの購入やダウンロードにはアップルギフトカードが便利です。

しかし、Amazonも音楽や映画、書籍などのダウンロード販売を行っているのでitunesだけの特徴とは言えません。

そのため、itunesでまとめて管理したいという方はAmazonギフト券よりもアップルギフトカードの方が活用できるでしょう。

LINEのサービスに利用

LINEのスタンプや絵文字、着せ替えと言った有料サービスを利用するにはLINEコインが必要になりますが、そのLINEコインをアップルギフトカードで購入ができます。

LINEは重要なコミュニケーションツールとして活用されてますし、毎日使うものでもあるので、そんなLINEを華やかに彩ってくれるスタンプや絵文字・着せ替えなどはとても人気です。

これらはAmazonギフト券では購入する方法がありません。

LINEサービスで利用したい方には、アップルギフトカードの方が重要な使い道があるギフトカードだと言えるでしょう。

アプリ内課金

アップルギフトカードは有料アプリの購入やダウンロードしたアプリ内課金にも使用できます。

スマホゲームには、アプリ内で追加で課金するアイテムも少なくありません。

Amazonギフト券ではアプリの購入や課金などはできないため、スマホゲームをよくする方にとってはアップルギフトカードの方が価値のあるものとして認識されているでしょう。

まとめ

アップルギフトカードをAmazonギフト券に換えるには、まずアップルギフトカードを現金化する必要があります。

アップルギフトカードの買取を希望の方は、買取サイトの利用がおすすめです。

アップルギフトカードの買取サイトはネット上で申し込みから振り込みまで全ての手続きが完了する便利なサービスとなっています。

それぞれサイトによって買取率や振込までにかかる時間などが異なるので利用する際は、複数のサイトを比較して、目的に合ったサイトを選びましょう。

おすすめのアップルギフトカード買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました