アップルギフトカードの返金事情について

アップルギフトカード 返金 アップルギフトカード

買取サイトおすすめランキング

ワンギフト

初回買取率

92%

2回目買取率

88%

入金まで

15分

営業時間

24時間

ギフト券種

22種類

法人営業

おすすめ度

星マーク 星マーク 星マーク 星マーク 星マーク

公式サイトへ

ナナギフト

初回買取率

92%

2回目買取率

88%

入金まで

15分

営業時間

24時間

ギフト券種

22種類

法人営業

おすすめ度

星マーク 星マーク 星マーク 星マーク 星マーク

公式サイトへ

ソフクリ

初回買取率

87%

2回目買取率

87%

入金まで

15分

営業時間

24時間

ギフト券種

9種類

法人営業

おすすめ度

星マーク 星マーク 星マーク 星マーク 星マーク

公式サイトへ

アップルギフトカードは、アップル製品やサービスの購入に使用できる便利なカードとして、多くのユーザーから愛用されています。

その人気とともに、ギフトカードの購入後の「返金」に関する疑問や不安が浮上することも少なくありません。

特に、プレゼントとして受け取ったが、利用の機会がない、もしくは二重に購入してしまった場合など、返金を検討する状況は実際に多いものです。

そこで、本記事ではアップルギフトカードの返金に関する事情やその実態、注意点などを詳細に解説していきます。

アップルギフトカードの返金は基本的に不可

アップルギフトカードの返金に関しては、基本的に不可とされています。

アップルギフトカードを購入する際、その利用規約や条件に明記されており、一度購入したギフトカードの返金を希望しても、アップルの公式ポリシーとしては受け付けられないのが一般的です。

このため、ギフトカードを購入する前に、用途や必要性をしっかりと確認することが重要です。

また、ギフトとして受け取った場合や、間違って二重に購入してしまった場合でも、同様の原則が適用されます。

なぜアップルギフトカードの返金は不可なの?

アップルギフトカードの返金に関する問題は、主に二つの大きな理由から生じています。

未使用かどうかの判断が難しい

アップルギフトカードの最大の特徴の一つは、デジタルな形での取引が中心であることです。

物理的なカードを持つ場合でも、カードに記載されているコードをオンラインで入力することで、アカウントにチャージされます。

このため、一度コードが露出した時点で、それが第三者によって使用されてしまうリスクが常に存在します。

このリスクを背景に、ギフトカードが未使用かどうかの確認は非常に困難です。

たとえば、ギフトカードを購入し、コードを確認しただけで未使用と主張しても、そのコードが他者に共有されていないという証明は難しいのです。

Apple公式に返金不可の記載がある

Appleの公式サイトや利用規約には、ギフトカードの返金に関するポリシーが明確に記載されています。

それによれば、ギフトカードの返金は原則として認められていません。

消費者が安心してギフトカードを購入・使用できるように、明確なルールを設けているのです。

Apple Storeなら返金してもらえるという噂が…?

Apple Storeでのアップルギフトカードの返金に関する噂が一部で囁かれているのは事実です。

しかし、実際には、アップルギフトカードの返金は非常に難しいものとされています。

ですが、特定の条件を満たすことでカードを交換してもらうことは可能です。

カードを交換してもらえる条件は次の通りです。

  • Apple Storeでアップルギフトカードを購入した
  • 購入後14日以内
  • カードの不具合など自己都合でない

このようにApple Storeで購入したアップルギフトカードが不具合によって使用できない場合に交換してもらえるというものです。

アップルギフトカードで購入した商品は条件が合えば返金可能

アップルギフトカードで購入した商品の返金に関して、商品の種類や購入した内容によって、その条件や手順は異なります。

ここでは、ハードウェアとコンテンツの両方の返品に関する情報を詳しく解説します。

ハードウェアの返品

アップルギフトカードを使用して購入したハードウェア(例: iPhone、Mac、AirPodsなど)の場合、返品は基本的にAppleの公式な返品ポリシーに従います。

Apple Storeでの購入後、14日以内にオンラインで返品を依頼すると、無料で返送することが可能です。

依頼を行った後は、7日以内に返品製品を再包装し配送業者の営業所に持ち込んで、返品番号を使って返品ラベルを印刷し外装に貼り付けた後、発送してください。

返送する際には、製品と一緒に身分証明書とご注文番号が必要になる場合もあります。

コンテンツの返品

コンテンツとは、App StoreやiTunes Storeで購入するアプリや音楽、映画などのデジタルコンテンツを指します。

この種のコンテンツに関しては、返品が認められるケースは非常に限られています。一度ダウンロードやストリーム再生を開始したコンテンツに関しては、通常、返品や返金は認められません。

ただし、誤って購入してしまったり、技術的な問題でコンテンツを正常に利用できない場合など、特別な事情がある場合には、Appleサポートに問い合わせて対応を依頼することができます。

返金手続きは Web ブラウザから行います。

①reportaproblem.apple.com にサインインする

②「ご希望の項目を選択してください」をタップして、「返金をリクエストする」を選択する

③返金を希望する理由を選択し、「次へ」をタップする

④App、サブスクリプション、その他のアイテムを選択し、「送信」をタップする

アップルギフトカードを間違えて購入しないために気をつけること

アップルギフトカードを誤って購入してしまわないための注意点について、以下にいくつかのポイントをまとめました。

明確な購入目的を持つ

アップルギフトカードを購入する際には、使用目的を明確にしておくことが大切です。

特定のアプリやコンテンツの購入を予定している場合や、プレゼントとして贈る予定がある場合など、具体的な理由があると誤購入のリスクが低くなります。

商品の詳細をよく確認する

購入する前に、ギフトカードの詳細や利用条件をよく読み、自分のニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

特に、金額や使用可能なサービスの範囲などをしっかりと確認しておくことが重要です。

確認画面で再確認

オンラインショップでの購入の場合、カートに入れる前や決済画面で再度内容を確認することが大切です。

特に、購入数や金額など、間違えやすい部分は何度も確認しましょう。

アップルギフトカードを間違えて購入してしまった!対処法は?

アップルギフトカードを誤って購入してしまった場合、その後の対処法に迷うことがあるでしょう。

残念ながら、アップルギフトカードの返金は基本的に受け付けられませんが、以下の方法で有効活用することができます。

なお、アップルギフトカードをアカウントにチャージしようとした際に使えないという時は、こちらの記事で原因と対処法を解説しています。

アップルギフトカードが使えない!エラーの原因と対処法

自分で使用する

アップルギフトカードは、App StoreやiTunes Store、Apple Booksなど、さまざまなAppleのサービスでの購入に利用できます。

特にアプリの購入や音楽、映画、書籍などのデジタルコンテンツを頻繁に利用する方にとっては、ギフトカードを持っていると非常に便利です。

また、iCloudのストレージ容量を増やすための料金やApple Musicの月額料金など、定期的な支払いが発生するサービスの費用にも使用できます。

誤って購入してしまったギフトカードをそのまま自分のApple IDにチャージして、日常的なデジタル購入に役立てることができます。

いつか使うときのために保管

もし現時点で特にアップルのサービスを利用していない場合や、ギフトカードの金額が多く、すぐに使い切るのが難しいと感じる場合は、いつかの使用のために大切に保管しておくという方法もあります。

アップルギフトカードには有効期限がありませんので、何年経ってもそのままの価値で利用することが可能です。

将来的に新しいアプリやソフトウェアを購入したいとき、新しいデバイスをセットアップするときなど、ギフトカードの存在が非常に役立つことがあります。

買取サイトで現金化

アップルギフトカードは原則返金できないので、どうにかして使うか、使うときまで保管しておくというのが一般的ですが、別の方法では現金に戻すことも可能です。

友人に買い取ってもらったり、オークションサイトに出品するなどもできますが、これだと買い取ってくれる相手がいないと売却は成立しません。

そこでおすすめなのが、ギフト券の買取サイトです。

買取サイトでは、アップルギフトカードを90%以上で買い取ってもらえる場合もあります。

損失をできるだけ防ぎ、現金に戻すことができるのです。

取引はネット上で行えるため、わざわざ店舗に出向く必要もありませんし、24時間営業しているサイトが多いので、いつでも都合のいいタイミングで申し込みができます。

まとめ

アップルギフトカードの返金事情は、一見複雑に感じるかもしれませんが、きちんとした手順やルールを理解しておけば、無駄な手間や時間を省くことができます。

また、返金を検討する際には、自身の状況やカードの購入経緯をしっかりと把握し、適切な方法を選択することが大切です。

何より、ギフトカードの利用や返金に関する疑問や不明点は、早めに専門の窓口や情報源に確認することで、より安心して取引や利用を進めることができるでしょう。

アップルギフトカードを安心して活用するために、本記事の情報を参考にしてください。

アップルギフトカードの買取を希望の方は、買取サイトの利用がおすすめです。

アップルギフトカードの買取サイトはネット上で申し込みから振り込みまで全ての手続きが完了する便利なサービスとなっています。

それぞれサイトによって買取率や振込までにかかる時間などが異なるので利用する際は、複数のサイトを比較して、目的に合ったサイトを選びましょう。

おすすめのアップルギフトカード買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

元ギフト券買取店舗運営者。業界での経験を活かして、アップルギフトカード・Vプリカ・majica等の電子ギフト券をお得に買い取ってもらえるサイトをまとめています。

アマヒカク編集部をフォローする
アップルギフトカード
アマヒカク
タイトルとURLをコピーしました