コンビニでも販売開始したアップルギフトカードの種類や購入方法は?

アップルギフトカード コンビニ アップルギフトカード

買取サイトおすすめランキング

ワンギフト

初回買取率

92%

2回目買取率

88%

入金まで

15分

営業時間

24時間

ギフト券種

22種類

法人営業

おすすめ度

星マーク 星マーク 星マーク 星マーク 星マーク

公式サイトへ

ナナギフト

初回買取率

92%

2回目買取率

88%

入金まで

15分

営業時間

24時間

ギフト券種

22種類

法人営業

おすすめ度

星マーク 星マーク 星マーク 星マーク 星マーク

公式サイトへ

ソフクリ

初回買取率

87%

2回目買取率

87%

入金まで

15分

営業時間

24時間

ギフト券種

9種類

法人営業

おすすめ度

星マーク 星マーク 星マーク 星マーク 星マーク

公式サイトへ

今まで販売されていた、App Store & iTunesギフトカードとApple Storeギフトカードはアップルギフトカードに新しく生まれ変わりました。

コンビニに売っているアップルギフトカードの種類や販売されている値段、オンラインで購入可能なコードタイプとの違いについて、チャージ方法などもご紹介していきます。

アップルギフトカード

アップルギフトカードは、iPhoneや、AirPods、充電ケーブルなどのアップル製品の購入や、Apple Storeのアプリなどに利用することができます。

Appleのオンラインストア、Apple公式サイトにて買い物が可能となり、アップル製品を購入する際は、複数のアップルギフトカードを同時に使用することができるようになり、最大8枚まで使えます。

アップルギフトカードが足りない場合は、クレジットカードも一緒に使用できます。

アップルギフトカードの種類

アップルギフトカードには、従来のiTunesカードと同様に、カードタイプと電子版のデジタルコードタイプの2種類のギフトカードがあります。

それぞれの特徴について説明していきます。

カードタイプ

アップルギフトカードのカードタイプは、コンビニなどの店頭やApple公式サイトで販売されています。

Appleの公式サイトから購入する際は、送料が無料になります。

カードタイプの使い方は、従来のiTunesカードと変わらずカードの裏面にあるコード番号をamazonアカウントにチャージすることで使用できます。

販売されている額面は、金額が固定しているアップルギフトカードで、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円と自分で金額を自由に設定して購入することができるバリアブルカードタイプがあります。

アップルギフトカードのバリアブルタイプは、1000円から100,000円までの範囲内で1円単位で設定して購入ができます。

デジタルコードタイプ

アップルギフトカードのデジタルコードは、Apple公式サイトや楽天などから購入することができ、コンビニでは購入することができません。

メールアドレスに、アップルギフトカードのコード番号が送られてくるタイプになります。

購入した時にプレゼントとして贈りたい場合は、相手のメールアドレスを設定することで、友人や知人にメールからプレゼントすることができる便利なギフトカードです。

メールで送られてきたコード番号を自分のアカウントに登録するだけで利用することができるので、自分用として購入する人も多いです。

販売されている額面は、アップルオンラインストアでは、3,000円、5,000円、10,000円とその他の金額から選択でき、1,000円から500,000円まで1円単位で購入することが可能となります。

楽天などでは、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の4種類とバリアブルとして1,000円から50,000円までの範囲内から選択できます。

アップルギフトカードはコンビニで購入可能

アップルギフトカードはほとんどのコンビニで販売されています。

主に販売しているコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップ、セイコーマート、まいばすけっと、ポプラ、NewDaysなどです。

コンビニでは、クレジットカードからの購入が基本的にはできず、現金での支払いとなるため注意しましょう。

クレジットカードでアップルギフトカードを購入する方法

クレジットカードを使用して購入したい場合は、Apple Storeや楽天などのApple Gift Card 認定店などからアップルギフトカードの購入となります。

楽天では楽天ポイントも使え、購入時楽天ポイントが1%付与されるためお得です。

ですが、購入金額には制限があり、初回購入時から45日は上限が1万円までとなっていて、46日以降は1万円以上も購入可能になります。

アップルギフトカードをクレジットカードで購入できる場所やその方法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事:アップルギフトカードをクレジットカードで購入できる場所・方法を紹介

アップルギフトカードをチャージする方法

欲しい金額のアップルギフトカードを購入し、Apple ID残高にチャージしていきます。

アップルギフトカードを開封すると、コードが記載されているカードが封入されています。

iPhoneの App Storeのアカウント画面を開き、ギフトカードまたはコードを使うを押します。

コードを使う画面にて、カメラで読み取るを選択し裏面に記載されているコードを読み取りましょう。

コードが読み込まれない場合は、コードを手で入力することもできます。

コードを読み取理が終わると、アップルギフトカードを購入した金額がApple IDの残高に表示され、チャージが完了します。

一度チャージするとアップルギフトカードのコードは使用できなくなります。

アップルギフトカードを現金化する方法

Apple StoreギフトカードとApp Store & iTunesギフトカードはアップルギフトカードに変わりましたが、カードの仕組み的に変わりはないため、現金化を望む場合は電子ギフト券買取サイトに売却しましょう。

売却する場合は、初回の換金率の優遇を最大限に活用できると良いでしょう。

アップルギフトカードを現金化できる方法を3つ、メリットデメリットを含めて解説していきます。

金券ショップで換金

金券を換金するとなると、金券ショップへの売却が一番に思い付くと思います。

ですが、金券ショップのほとんどは、電子ギフト券の買取は行っていません。

また、競合サービスが少なく、買取価格の相場は低いと言えます。

金券ショップのメリットは、実店舗で取引するため安心できる、その場で現金を受け取ることができる。

金券ショップのデメリットは、アップルギフトカードを取扱いしている店舗が少ない、店舗まで行く必要がある、換金率があまり良くない。

金券ショップの電子ギフト券が少ない理由

電子ギフト券を取り扱っていない理由として、そのカードが使用されていないものなのかが、わかりにくいからです。

アップルギフトカードが有効であるか確認するためには、カードの裏面に記載されているコードをApple IDに登録しないと確認することができません。

ですが、一度確認のために登録してしまうと、そのアカウントで使用することになるので、再販することができなくなります。

電子ギフトカードを購入した人が、支払いに不備などを起こした場合は、後からカードが失効させられる可能性もでてきます。

見ただけではギフト券が有効なものなのか確証が持てないため、取り扱いは少なくなっています。

ヤフオクで換金

ネットオークションでは、ヤフーオークションがアップルギフトカードの出品を認めています。

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、アップルギフトカードの出品が禁止されています。

ヤフオクのメリットは、どこにいてもスマホ一台ですぐに現金化することができる、価格を自分で好きに設定することができる、換金率は割と高めなところ。

ヤフオクのデメリットは、各種手数料が発生するため換金率が下がってしまう、落札される確証はないため売れない場合もある、いつ落札されるかわからないためすぐに換金できない、同じ商品の出品者が沢山いる場合売れにくくなる、出品や発送するのに手間がかかるなどがあります。

電子ギフト券の買取サイトで換金

電子ギフト券を専門で買取しているサイトがあり、アップルギフトカードの買取を申請を行いコード番号を送ると、代金を振り込んでもらえる仕組みになります。

個人で取引を行う売買サイトとは異なり、ギフト券を売る相手が会社になるため、支払いトラブルに巻き込まれる心配がありません。

その分換金率は少し下がりますが、80%〜90%程度の換金率で換金してくれ、24時間対応しているサイトもあるので、即換金したい方におすすめです。

買取サイトのメリットは、時間や場所を問わずに換金することができる、24時間対応しているサイトが多い、即日入金が可能となる、個人間取引ではないためトラブルに遭うリスクが少ない。

買取サイトのデメリットは、買取業者によって条件が異なる、身分証などの提出など手続きがある、買取金額が時期によって変動するなどがあります。

まとめ

コンビニから簡単に購入することができるアップルギフトカードですが、お支払い方法は基本現金のみとなっています。

ギフト券を現金化させたい場合は、クレジットカードを使用しアップルギフトカードを購入する方法が良いでしょう。

アップルギフトカードを現金化する際は、換金率が高くてなるべく手間がかからない方法で換金しましょう。

ギフトカードの買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

【2024年版】アップルギフトカードの買取サイト14社徹底比較

サムネイル画像

買取サイトは、ネット上で申し込みから振り込みまで全ての手続きが完了する便利なサービスです。

それぞれサイトによって買取率や振込までにかかる時間などが異なるので利用する際は、複数のサイトを比較して、目的に合ったサイトを選びましょう。

おすすめのギフト券買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

今一番買取率が高い
買取サイトをチェック!

元ギフト券買取店舗運営者。業界での経験を活かして、アップルギフトカード・Vプリカ・majica等の電子ギフト券をお得に買い取ってもらえるサイトをまとめています。

アマヒカク編集部をフォローする
アップルギフトカード
アマヒカク
タイトルとURLをコピーしました