Amazonギフト券が使えない時に考えられる原因・対処法

amazonギフト券 使えない amazonギフト券

入手したAmazonギフト券が使えないという事態に遭遇した時は焦ってしまいますが、落ち着いてその原因を探り正しく解決をしていきましょう。

実はAmazonギフト券が使えない理由はとても簡単な理由ばかりです。

Amazonギフト券が使えなくても焦らずにこれから紹介する原因に該当していないかチェックしてみましょう。

アカウントに登録済みのAmazonギフト券

一度でもアカウントに登録したAmazonギフト券は、他のアカウントに登録をすることができません。

したがって、アカウントに登録済みのAmazonギフト券自体の価値は無くなります。

アカウントに登録済みのAmazonギフト券残高を元のAmazonギフト券本体に戻したり、他のアカウントに譲渡する事も出来ません。

これは複数のアカウントを持っている場合などにも考えられる原因です。

複数のアカウントを持っている場合は、他のアカウントの残高・利用履歴を確認してみましょう。

登録しようとしているAmazonギフト券の番号が登録されていないか確認してみてください。

自分で既にアカウントに登録していて忘れていただけなら問題ありませんが、売買サイトやオークションサイトなどで他人から譲ってもらって入手したAmazonギフト券の場合は既に出品者に使用されている可能性があります。

このような被害に遭った場合は、そのAmazonギフト券の出品者に連絡を取ってください。

売買サイトやオークションサイトはあくまで仲介としての役割なので、トラブルが起きた際は出品者と購入者の個人間で解決をする必要があります。

アカウント登録時のミス

アカウントに登録をする際にミスが起きている可能性があります。

登録ミスの原因は、ギフト券番号が不鮮明で読み取れない場合と文字の打ち間違いである場合の可能性が高いです。

ギフト券番号が不鮮明で読み取り不可

カードタイプのAmazonギフト券はカード裏面のスクラッチを削るかシールを剥がしてコードを表示させ、カメラで読み取る行程が必要になりますが、スクラッチを削る際に強い力で削りすぎるとコードまで削られてしまい読めなくなってしまうことがあります。

シールの場合でも、上手く剥がしきれずにシールの破片が残っていたりすると、カメラで読み取る際に間違えて読み取られることがあります。

カードタイプのAmazonギフト券を購入した時は、コードの取扱は慎重に行いましょう。

コードの入力ミス

また、キーボードでコードを入力して登録する場合は文字の読み間違いや打ち間違いに注意しましょう。

Amazonギフト券は16文字のアルファベットと数字の羅列になっています。

アルファベットの「OとQ」「PとR」などは形が似ていて見間違えやすいので、再度確認してみてください。

カードタイプのAmazonギフト券に記載されている文字自体が小さいので見えにくいですし、印刷タイプ・シートタイプ・商品券タイプの紙媒体のAmazonギフト券は保管状態によっては文字が滲んでしまって読みづらくなっているという事も考えられます。

もしも、コードの一部が欠けてしまって判別できない時や何度確認しても登録できないといった時は最終手段としてカスタマーサービスに問い合わせてください。

その際にAmazonギフト券を購入した際のレシートなどの購入証明があると対応してくれる可能性が高くなります。

レシートを紛失していると、そのAmazonギフト券を自分が購入したという証明が出来ないため現状復帰は難しいかもしれません。

有効期限切れのAmazonギフト券

2017年4月以降に販売されたAmazonギフト券の有効期限は券種を問わず全て10年となっています。

2017年4月以前に販売されていたAmazonギフト券の有効期限は券種によって1〜3年の有効期限が設定されています。

アカウントに登録済みでも、登録していない未使用のものであっても同じく購入日から有効期限は発生しています。

有効期限が切れたAmazonギフト券は使用出来ません。

もしも、大分前に入手したAmazonギフト券が使用出来ない場合は有効期限切れの可能性があります。

有効期限の確認方法はAmazonトップページの「ギフト券」をタップし、ギフト券ページ上部の「残高・利用履歴」を押します。

チャージ残高と共にアカウントに登録したAmazonギフト券の有効期限が表示されます。

ちなみに、複数のAmazonギフト券をアカウントに登録している場合は、有効期限が近い順番に使用されていくので、自分で有効期限を意識して選んだりなど特に設定を加える必要はありません。

支払いができていないAmazonギフト券

コンビニなどの店頭で売られているAmazonギフト券は、レジを通した時点で有効化されます。

Amazonギフト券を始めとしたすべての電子ギフト券は、レジを通してから有効化されるPOSAシステムと呼ばれる仕組みになっています。

これは万引きなどによる犯罪利用を防ぐための措置として取られています。

つまり、レジで購入するまでは使用出来ないという事です。

もしも、間違いなくレジでお金を支払って購入したのに使えないという場合は、レジでの機械トラブルや店員のミスなど何かの手違いで有効化されずに購入してしまった可能性があります。

その場合は、レシートを持参の上、購入した店舗に問い合わせてみてください。

支払い方法にAmazonギフト券を選択していない

アカウントにAmazonギフト券を登録していても、お支払い方法にAmazonギフト券を指定していないと使えません。

基本的には一度お支払い方法に設定したら次回以降のお支払い時にもAmazonギフト券払いが継続されるはずですが、何かしらの理由で設定が変わってしまった事も考えられますので改めて確認してみましょう。

それでは、商品購入の際に支払い方法をAmazonギフト券に変更する手順をご紹介します。

支払い方法にAmazonギフト券を設定する手順

商品を選びレジに進むと、「お支払い方法の選択」というページが表示されます。

お支払い方法の選択画面で、「¥○分のAmazonギフト券、Amazonショッピングカード、クーポン」の横のボックスにチェックを入れると適用されます。

この際にまだアカウントにAmazonギフト券を登録していない場合は、この画面で登録します。

1-ClickやAmazon定期おトク便での注文時には、Amazonギフト券残高は自動的に適用されます。

不正に入手されたAmazonギフト券

詐欺に利用されたAmazonギフト券などに対しては、Amazon側が遠隔でロックをかける事が出来ます。

詐欺などで不正に取得したAmazonギフト券は登録が出来ない上に、既に登録済みであっても抹消されてしまいます。

最悪の場合、Amazonアカウントの凍結の恐れもあります。

オークションサイトやギフト券売買サイトなどには、詐欺で入手したAmazonギフト券が紛れている可能性があり、知らずにそれを購入した利用者が注意を受けることになります。

自分自身が詐欺を働いて入手したAmazonギフト券ではなくても、不正に入手されたAmazonギフト券がロックされた状態から元の状態に戻すことは難しいです。

なぜなら、Amazon側は正規の手段以外でAmazonギフト券を入手することを認めておらず、それに伴うトラブルに関しても一切の保証はしないというスタンスだからです。

ただし、正規の手段(Amazon.co.jpやコンビニなどの店頭販売)で購入したAmazonギフト券にロックがかかってしまっている場合はカスタマーサービスに問い合わせる事で対応してくれるでしょう。

Amazonギフト券をAmazon.co.jpやコンビニなどの店頭以外で入手する場合はその点のリスクも踏まえて購入する必要があります。

Amazonギフト券を公式以外から買うのは違法?

売買サイトやオークションサイトなどからAmazonギフト券を購入する行為は、違法ではありませんが違法に近いグレーゾーンだと言えます。

Amazon側はAmazonギフト券を本来の目的以外での利用や現金化目的で購入することを禁止しているからです。

売買サイトやオークションサイトなどに紛れている詐欺業者はなるべくAmazon側にバレないように工夫を凝らしていますが、詐欺行為がバレた場合詐欺業者だけでなく購入者も詐欺に加担したとみなされてAmazonの利用停止やクレジットカードのアカウント停止などのペナルティが課せられます。

詐欺業者にAmazonギフト券を売るだけでなく、詐欺業者からAmazonギフト券を買うことも処罰の対象になりますので注意してください。

Amazonギフト券の転売は犯罪?

Amazonギフト券を売買することは犯罪ではありませんが、Amazonギフト券を使って詐欺行為を働くことは犯罪です。

Amazonギフト券をはじめとしたギフト券を利用した詐欺の件数は年々増加しているので、Amazonも警察も注視しています。

詐欺に遭ってしまった時の対処

もし詐欺業者にAmazonギフト券コードを教えてしまったかもしれないと気づいたら、詐欺業者が登録する前であればお金を取り戻せる可能性があります。

Amazonギフト券は一度しか登録ができないため、先に登録してしまえば詐欺業者が登録することはできません。

詐欺に気づいたらすぐに、自分のアカウントに登録できるか試してください。

登録されてしまった後で、詐欺に遭ったことに気づいた場合あるいはその疑いがある場合は、警察や消費者センターに詐欺被害の報告をしましょう。

188番に電話することで、消費者ホットラインに繋がります。

Amazonギフト券詐欺に遭わないためにできること

Amazonを装った詐欺業者のメールや電話に騙されないために、Amazon公式のドメインと電話番号を把握しておきましょう。

Amazon公式から、何かしらの支払いをAmazonギフト券で行うよう促すことはありません。

<Amazonの公式ドメインと電話番号>

amazon.co.jp
amazon.jp
amazon.com
amazonbusiness.jp
email.amazon.com
marketplace.amazon.co.jp
m.marketplace.amazon.co.jp
gc.email.amazon.co.jp
gc.amazon.co.jp
payments.amazon.co.jp
09090097540
08021585817
01085264515445

他者に盗まれた可能性

誰かにAmazonギフト券のコードを盗まれてしまった場合は、当然ですがそのAmazonギフト券は使えません。

Amazonギフト券はコードに価値があるので、Amazonギフト券自体は盗まれていなくても、コードさえ知られてしまえば誰でも使用する事が出来てしまいます。

Amazonギフト券を登録せずに保管する場合は、コードを誰にも見られないようにしましょう。

登録していないAmazonギフト券の現物がある場合は鍵付きの引き出しの中にしまう等、デジタルタイプの場合はそのAmazonギフト券を受信したメールアドレスなどを第三者に見られないようにする対策が必要です。

Amazonギフト券で購入できないものを購入しようとしている

Amazon内でもAmazonギフト券が使えない商品があります。

Amazonギフト券が使えないとお困りの時は、これから紹介するものに該当しないか確認してみましょう。

Amazonギフト券

Amazonギフト券をAmazonギフト券の購入に使用することは出来ません。

Amazonギフト券にはいくつかタイプが存在しますが、どのタイプもAmazonギフト券で購入することは不可となっています。

同じ理論で、有効期限を延長する目的で、古いAmazonギフト券を使って新たにAmazonギフト券を購入する事も不可能です。

出品者が支払い方法にAmazonギフト券を認めていないマーケットプレイス商品

マーケットプレイスで商品を購入する際、出品者が支払い方法にAmazonギフト券を設定していない場合はAmazonギフト券を利用出来ません。

マーケットプレイスとは売り手と買い手が自由に商品を売買出来る場所ですが、企業の他に個人の出品者も多く存在します。

特に個人で幅広く展開している出品者の商品はAmazonギフト券での購入が不可になっている場合が多いです。

企業や店舗が出品している商品はAmazonギフト券が使用出来ますので誰が出品しているのか購入前にチェックしておくとスムーズです。

商品ページの支払い方法の欄にAmazonギフト券が入っていれば使用できることが確認できます。

残高不足

Amazonギフト券の残高が商品の請求金額に足りていないと使えません。

残高が不足していると購入画面に進めませんので、再度Amazonギフト券の残高を確認してみてください。

また、Amazonで買い物をする際に請求金額には商品代金の他に手数料や配送料も含まれますので計算しておくことが必要です。

ただし、Amazonギフト券のの残高が足りなくてもクレジットカードやAmazonのポイントと併用して支払いもできるので心配ありません。

他の支払いと併用することでAmazonギフト券の残高を使い切る事もできます。

再送前のコード

EメールタイプのAmazonギフト券の場合、メールアドレスの入力ミスなどでメールが届かなかった場合などには「再送」という形でAmazonギフト券をもう一度送り直すことが出来ます。

再送手順

再送手続きは、購入履歴から再送したいEメールタイプのAmazonギフト券を探して、「再送する」を押すことで簡単に行えます。

再送をすると、元のコードとは別のコードのAmazonギフト券が送られてきます。

元のコードは使えなくなり、新しく送られてきたコードのみ登録できます。

そのため、再送したにも関わらず元のコードをアカウントに登録しようとするとエラーが出てしまいます。

海外のAmazonギフト券

Amazonサイトは、その国によって専用のサイトが別で存在しており、そこで使用できるAmazonギフト券もその国限定のものとなっています。

ですので、日本で販売されているAmazonギフト券を海外のAmazonで使用する事は出来ませんし、その逆で海外で購入したAmazonギフト券を日本で使うことは出来ません。

使用できる国の制限は、どのタイプにも言えることでEメールタイプのAmazonギフト券などにおいても同様です。

日本にいる限り、海外版のAmazonギフト券を見つけることはないかとは思いますが、ebayなどの世界的なネットショッピングサイトでは販売されているので間違って購入しないようにしましょう。

もし、海外に住んでいる人にAmazonギフト券を送りたいという場合は、その人が住んでいる国のAmazonにて購入する必要があります。

店頭支払いや代引きなどではAmazonギフト券は使えない

商品の注文時にコンビニでの店頭支払いや代引きに設定した場合、支払いの際にAmazonギフト券を使うことは出来ません。

Amazonギフト券はオンライン上で完結する支払いのみに使用可能で、店頭での支払いには使えません。

まとめ

Amazonギフト券が使えないと言っても、様々なケースがあります。

焦らずに原因を見つけることでほとんどの場合は解決できます。

もしどの原因にも当てはまらない場合は、最終手段としてカスタマーサービスに問い合わせてみてください。

まだアカウントに登録していない不要なAmazonギフト券がある場合は、現金に換えた方が使い勝手が良いという場合もあります。

その際にはAmazonギフト券買取サイトでの売却がおすすめです。

おすすめのAmazonギフト券買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました