Amazonギフト券バリアブルカードとは?特徴や使い方を紹介

amazonギフト バリアブル amazonギフト券

Amazonギフト券の種類の一つのバリアブルカード。

バリアブルカードはその利便性から多くの人に使われている人気のカードです。

使いやすいというメリットだけで手を出さず、バリアブルカードは他のカードと違いどのような特徴があるのかを理解して注意して使用する必要があります。

今回は、購入できる店舗や注意点などバリアブルカードについて詳しく紹介します。

Amazonギフト券バリアブルカードの特徴

Amazonギフト券バリアブルカードはいくつかの種類がある中での一種になります。

利便性が高く、販売以来バリアブルカードを購入する人が多くなった人気のタイプです。

使い方や機能としては、他の種類のAmazonギフト券と違いはありませんが、バリアブルカードならではの特徴があります。

金額を指定して購入できる

他のAmazonギフト券は金額が決められていますが、バリアブルカードは自分で購入時に指定して購入します。

バリアブルカードは1,500円から50,000円までの間で、1円単位で好きな金額を指定して購入することが可能です。

頻繁にAmazonで買い物をしている人なら、多少多めの金額固定のAmazonギフト券を購入しても使い切れますが、金額が決まっていることで使いづらかったり、Amazonを利用する機会が少なくAmazonギフト券の残高を余らせてしまったりということを防ぐことができます。

Amazonギフト券バリアブルカードであれば、それぞれの必要とする金額分だけを購入することができるので余すことなく使えます。

身近な店舗で購入可能

バリアブルカードはコンビニや家電量販店、一部のスーパー、Amazon公式サイトで販売されています。

身近な店舗で購入することができるので、欲しいと思った時に簡単に入手できるのもいいですね。

店舗での購入方法も難しくなく、店に並べられているAmazonギフト券バリアブルカードをレジに持っていき、店員に購入したい金額を伝えてお金を支払えば購入できます。

購入したバリアブルカードには裏面にギフト券番号が記載されているので、この番号をAmazonのアカウントに入力することで利用することができるようになります。

なお、購入時にカードの金額の他に手数料などはかかりません。

ただし、Amazonギフト券バリアブルカードは使い切りとなっていますので、同じカードにさらにチャージして繰り返し使うということはできません。

さらに金額を増やしたい場合には、再度新しいカードを購入してアカウントに追加する必要があります。

クレジットカードがなくても支払い可能

Amazonギフト券バリアブルカードを購入しAmazonアカウントに登録して支払い設定をしておくと、注文時にスムーズに支払い手続きを済ませられるようになります。

Amazonにクレジットカードを登録していない人が手数料もかけずに商品を購入したい場合でも銀行やATMに足を運ぶことなく決済を済ませることができるので、商品の発送が遅れることがありません。

また、バリアブルカードは上限が50,000円までとなっているため、詐欺などの万が一のトラブルがあっても少額の被害で済ませられるという安心感が利用者を増やしている一つの理由となっています。

不正利用などのリスクが心配という場合は、安全性を考慮し、購入したい商品の金額に合わせてその都度カードを購入しているという人もいます。

さらに、Amazonギフト券バリアブルカードで商品を購入すれば通常かかる代金引換手数料が無料になるというメリットもあります。

また、クレジットカード払いのみ対応となっているAmazonマーケットプレイスでの代引き指定も可能です。

Amazonギフト券バリアブルカードの有効期限

Amazonギフト券バリアブルカードには有効期限がありますが、他のAmazonギフト券と同様に発行日から10年間となっています。

バリアブルカードを使って商品を購入し、端数が残ったとしても、残高はそのままアカウントに残り次のお買い物に使えます。

2017年4月までは有効期限が券種により1年~3年と設定されていましたが、10年間と長くなったことで有効期限切れで無駄になることが少なくなり使いやすくなりました。

Amazonギフト券バリアブルカードの購入場所

Amazonギフト券バリアブルカードを主に販売している場所は以下の4つとなります。

・Amazon公式サイト
・コンビニ
・家電量販店
・一部のスーパー

バリアブルカードとはAmazonギフト券の右上の金額部分に「1,500円~50,000円」と書いているものです。

身近なコンビニで取り扱いがあるので、欲しいと思った時にすぐに手に入れることができるのも便利です。

ほとんどのコンビニで購入することができます。

・セブン-イレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・サークルケーサンクス
・ミニストップ
・セイコーマート
・デイリーヤマザキ
・ポプラ
・セーブオン

Amazonギフト券バリアブルカードは年々需要が高まってきているため、今では一部のスーパーでも購入することが可能になっています。

イトーヨーカドー、ヨークベニマル、トライアル、ダイエー、ヨークマート、コープかごしまなどのスーパーや、ドン・キホーテ、ウェルネスなどの薬局でも取り扱っています。

しかし、取扱店であっても店舗によっては在庫の状況などによってはバリアブルカードを置いていない場合もあります。

購入方法はスーパーや家電量販店でも同じになりますが、手軽に買えてなおかつ店舗数が多いことからコンビニで買う人が多いように思えます。

Amazonギフト券バリアブルカードの購入方法

コンビニなどの店舗での購入方法は簡単です。

店頭に並んでいるAmazonギフト券バリアブルカードをレジに持っていき、購入したい金額を店員に伝え支払うことで購入できます。

Amazonギフト券バリアブルカードの使い方

Amazonギフト券バリアブルカードの使い方を説明します。

①台紙からカードを取り外します。
②カード裏面のスクラッチを削るかシールを剥がしてギフト券番号が見える状態にします。
この時強い力で削りすぎてしまうとギフト券番号まで削れて読めなくなってしまう可能性がありますので気をつけてください。
③Amazonにサインインし、トップページから「ギフト券」をタップします。
④「ギフト券をアカウントに登録」をタップします。
⑤「ここへギフト券番号を入力」という欄にカード裏面に記載されているギフト券番号を入力します。
⑥最後に「アカウントに登録する」をタップし登録完了です。

登録が完了したら自身のAmazonアカウントにAmazonギフト券の金額がチャージされていますので確認し、Amazonでのお買い物に利用できるようになります。

バリアブルカードであっても通常のAmazonギフト券と登録方法は変わりませんので、一度Amazonギフト券を購入して登録したことがある人であれば簡単に行うことができるはずです。

Amazonギフト券バリアブルカードを使う際の注意点

Amazonギフト券バリアブルカードは必要な金額分だけ購入できる便利なカードとして好評です。

しかし、いくら使いやすいカードでも活用方法を誤ると持て余してしまうため、安全に利用するためにも注意点にも目を通しておきましょう。

購入金額の間違い

1円単位で欲しい金額で購入できる便利なバリアブルカードですが、購入金額をミスしてしまうこともありがちです。

特によくある間違いが、バリアブルカードで欲しい商品の代金分に合わせて購入したつもりが決済できなかったというケースです。

Amazonで商品代金を確認したはずなのに、その他の送料や手数料を見落としていた場合です。

商品代金以外にかかる料金分が足りなくて決済が完了できないわけです。

その場合は、不足分を他の支払い方法で支払いが必要になります。

せっかくバリアブルカードで端数が出ないように購入したつもりが他の支払い方法と併用しなければならなくなってしまっては残念ですよね。

バリアブルカードは1500円から購入可能となっているので、送料や手数料分だけ買い足すことはできません。

購入したい商品の金額ぴったりでバリアブルカードを購入したい場合は、Amazonのカートに入れて最終の合計金額を確認してから購入するようにしましょう。

商品をカートに入れ、レジに進み、住所や支払い方法を設定します。

支払い方法にはクレジットカードやコンビニ払いを指定します。

ここで代金引換を選んでしまうと、代金引換の手数料も加算されて合計金額が変わってしまいます。

プライム会員でない場合は、お急ぎ便などでも加算されますので、配送オプションなども指定したうえで最終の確認画面で合計金額を確認しましょう。

表示された合計金額分のバリアブルカードを購入することで、失敗することなくぴったりの金額で購入することができます。

カード番号を他者に知られないようにする

金額固定のAmazonギフト券であれば右上に金額が書かれていますが、バリアブルカードは金額を自由に指定できることから見ただけではいくら分入っているのかわかりません。

アカウントにすぐに登録せずに保管しておく場合は、台紙裏面の空欄に金額をメモしておくと良いでしょう。

しかし、金額忘れ以上に管理に気をつけなければならないのがギフト券番号の保管です。

登録されていない未使用のカードは誰でも利用が可能な状態ですので、先に誰かに番号を入力されてしまうとそのカードは使用できなくなってしまいます。

何か事情がない限りは、購入後早めにアカウントに登録を済ませてしまうのがおすすめです。

また、有効期限を把握しておけるように購入日もメモしておくと良いでしょう。

購入後の返金はできない

Amazonギフト券バリアブルカードに限らずのことですが、基本的に一度購入したギフト券は如何なる場合でも返金や返品することはできません。

もしAmazonで購入した商品が不良品だった場合や間違ったものが届いたという場合は申請することで返品に応じてもらうことができます。

ですが、ギフト券に関しては金額を誤って多めに購入してしまった場合などに、Amazonに申請しても金額を変更してくれたり現金を返金してもらったりすることはできませんので購入時の金額間違いには注意してください。

だからこそ、こうしたミスが内容に1円単位で購入が可能なバリアブルカードの需要が高いと言えます。

普段どのくらいAmazonで買い物するかをよく考えたうえで、必要な額だけ購入することが大切です。

少額の買い物しかしないという場合は、いきなり多額のギフト券を購入することは避け、使い切れるように数千円程度から利用を始めることをおすすめします。

Amazonでも使えない商品がある

通常、Amazonでの買い物をする際には問題なく利用できるバリアブルカードですが、同じAmazon内サービスでも支払いに使えないものがあります。

それは、バリアブルカードを利用して他タイプのAmazonギフト券を購入はできないということです。

また、バリアブルカードでアカウントに登録した残高が余っていても他のアカウントに移せないため、その分を使って別のギフト券を購入し、別のアカウントやプレゼントに利用するということはできません。

Amazonギフト券バリアブルカードのメリット

Amazonギフト券バリアブルカードには以下のメリットがあります。

  • 1円単位で指定して購入可能
  • クレジットカードがなくてもスムーズに決済できる
  • コンビニなどで手軽に購入できる

1円単位で指定して購入可能

バリアブルカードの最大の特徴である1円単位で指定して購入できることはチャージした残高を端数を余すことなく使い切りたい方や、不正利用などのリスクが心配な方にとってメリットとなります。

普段そこまで頻繁にAmazonで買い物する機会がないという方は、アカウントに残高が残っていても使い切ることができません。

そこでバリアブルカードで必要な分だけ購入することで残高を余すことなく使いきれます。

クレジットカードがなくてもスムーズに決済できる

Amazonにクレジットカードを登録していなくても、Amazonギフト券を利用すれば、商品代の支払いのためにATMやコンビニに行くことなくその場で決済を完了することができます。

手間を減らすだけでなく、その分決済を早く済ませることができ商品を早く受け取ることができます。

コンビニなどで手軽に購入できる

Amazonギフト券バリアブルカードはコンビニやスーパーなどで販売されているので、買い物のついでなどに手軽に購入できます。

わざわざ買いに行くために店舗に出向くとなると時間も手間もかかりますが、近くのコンビニなどで買えるので必要なタイミングで買うことができます。

Amazonギフト券バリアブルカードのデメリット

一方Amazonギフト券バリアブルカードにはこのようなデメリットもあります。

  • 1,500円未満では購入出来ない
  • カードを見ただけではいくら入っているのかわからない
  • 送料や手数料も含めた金額を確認して購入する必要がある
  • チャージする際は同じアカウントに全てチャージされる

1,500円未満では購入出来ない

バリアブルカードは1,500円未満の少額の購入はできません。

Amazonで欲しい商品が1,500円未満のものだったとしても、1,500円分のカードを購入しなければなりません。

カードを見ただけではいくら入っているのかわからない

金額固定のAmazonギフト券は右上に金額が記載されていますが、バリアブルカードは自分で金額を指定して購入するためカードを見ただけではいくら入っているかがわかりません。

アカウントに登録すればいくら入っていたか確認することができますが、すぐに登録しない場合は金額を忘れないためにもカード裏面に金額をメモしておくと良いでしょう。

送料や手数料も含めた金額を確認して購入する必要がある

Amazonで購入したい商品の金額分をぴったり購入したい場合は、商品代金の他にかかる手数料や送料を含めた合計金額を確認して購入する必要があります。

商品代金だけを見て、バリアブルカードを購入してしまうと、手数料や送料分が足りずに決済ができません。

チャージする際は同じアカウントに全てチャージされる

バリアブルカード以外の他タイプのAmazonギフト券にも言えますが、チャージする際は全て同じアカウントにチャージされます。

複数に分けてチャージすることはできません。

Amazonギフト券バリアブルカードは現金化できる?

Amazonギフト券バリアブルカードは現金化することができます。

ギフト券買取サイトに買い取ってもらうか、他商品を購入して転売するという2つの方法があります。

他商品を買って転売するという方法は、換金性が高い商品を選ぶことが難しく、発送の手間などもかかりますので買取サイトへの売却をおすすめします。

Amazonギフト券買取サイトなら、自宅から出ることなく、その日のうちにAmazonギフト券を現金に換えることができます。

ただし、アカウントに未登録のものが買取の条件になります。

もし既にアカウントに登録してしまっていたら、他商品を購入して転売するしか方法はありません。

まとめ

今回はAmazonギフト券バリアブルカードの特徴や使い方について詳しく紹介してきました。

注意点を踏まえて利用すれば、大変便利なカードです。

使う予定のないバリアブルカードは換金することもできます。

Amazonギフト券を買取サイトに売却する場合は、買取サイト選びにも気をつけましょう。

おすすめのAmazonギフト券買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました