Amazonギフト券の現金化は違法?違法となるケースや危険性を解説

amazonギフト券 現金化 違法 amazonギフト券

Amazonギフト券は換金率の高さから、現金化目的に広く用いられています。

しかしAmazonギフト券買取関連で逮捕されたケースがあると聞いて、Amazonギフト券の現金化って違法なの?と利用に留まっている方もいるかと思います。

今回は安心してAmazonギフト券の現金化が利用できるように、Amazonギフト券現金化の違法性と安全性について見ていきましょう。

Amazonギフト券の現金化は違法?

Amazonギフト券の現金化は違法行為なのでしょうか?

結論からお伝えすると、Amazonギフト券の換金・現金化は違法ではありません。

ただしAmazonやクレジットカード会社の規約違反にあたります。

注意すべき点について確認しておきましょう。

Amazon規約違反

Amazonの利用規約にはこのように記載があります。

本規約およびサービス規約の遵守を条件とし、アマゾンまたはコンテンツ提供者は、アマゾンサービスを限定的、非独占的、非商業的および個人的に利用する権利をお客様に許諾します(譲渡およびサブライセンス不可)。この利用許可には、アマゾンサービスまたはそのコンテンツの転売および商業目的での利用、製品リスト、解説、価格などの収集と利用、アマゾンサービスまたはそのコンテンツの二次的利用、第三者のために行うアカウント情報のダウンロードとコピーやその他の利用、データマイニング、ロボットなどのデータ収集・抽出ツールの使用は、一切含まれません。

現金化(転売)目的で利用することが禁止されています。

クレジットカード会社規約違反

クレジットカード会社の利用規約には、クレジットカードを現金化目的で使用することを禁止しています。

現金化目的でクレジットカードでAmazonギフト券を購入する行為は、クレジットカード会社の規約違反となります。

携帯会社規約違反

翌月の携帯料金に合算して支払える「携帯キャリア決済」を利用すると、現金を使用せずにギフト券を購入することが可能です。

手持ちの現金がない方は、携帯会社のオンラインショップで購入できるギフト券をキャリア決済で購入して現金化するということができます。

現金化目的の購入に関しては、携帯会社の利用規約でも禁止する旨が記載されています。

Amazonギフト券の現金化が違法となるケース

以前Amazonギフト券買取を行う現金化業者が詐欺罪で逮捕された事例があります。

また、利用者が購入したギフト券を含む金券類の買取は古物取引となるので、Amazonギフト券買取を行う業者は公安委員会から古物商の許可を得ることが古物営業法で定められています。

この古物商許可を得ずに古物買取を行った業者が古物営業法違反で逮捕されるケースも多いです。

いずれも逮捕されたのは法律違反をしていた買取業者で、利用者の逮捕リスクはありません。

なぜAmazonギフト券を利用した犯罪が多発しているのか

なぜAmazonギフト券が犯罪に利用されやすいのかと言いますと、Amazonギフト券は現金同様に利用でき銀行口座を利用せず簡単に金券情報をやり取りできるため犯罪者にとって魅力的な存在であると考えられます。

また、Amazonギフト券が高い換金率で現金化が行える効率的な商品であることも、Amazonギフト券が犯罪に利用される理由に繋がっていると言えるでしょう。

詐欺に利用され不正取得したAmazonギフト券が、詐欺グループのAmazonギフト券買取業者に持ち込まれ現金化されています。

逮捕されて明らかになった悪質業者の存在でAmazonギフト券買取での現金化自体が違法行為ではないかと不安を感じている方もいるかもしれませんが、通常の現金化は犯罪ではないので安心してください。

Amazonギフト券買取サービスを利用する危険性とリスク

Amazonギフト券買取で現金化を行う詐欺に加担した業者が逮捕されるのは当然で、必要な手続きを行っているAmazonギフト券買取業者やその利用者が逮捕されるリスクはありません。

Amazonギフト券買取での現金化は違法性のない効率的な現金調達手段として安心して利用できますが逮捕以外のリスクも存在します。

Amazonギフト券の現金化はAmazonやクレジットカード会社、キャリア決済を利用した場合は携帯会社の利用規約違反にあたるとお伝えしました。

そのため、現金化目的だと判断された場合は、Amazonの強制退会処分やクレジットカードの利用停止をされる可能性があります。

Amazonの強制退会処分を受けると、二度とAmazonを利用できなくなります。

再登録で仮に登録できたとしても、Amazonは定期的に登録情報確認を行っているので、強制退会処分を受けたアカウントと判断されると再び強制退会処分になります。

利用停止になるリスクを避けるには、一度に大量のAmazonギフト券を購入しないことです。

Amazonは登録会員の利用履歴をチェックしているので、購入履歴のない新規アカウントで大量にAmazonギフト券を購入するなど不自然な利用履歴があるとマークされるリスクが高まります。

また、クレジットカード会社は換金性の高い商品を把握していて、それに該当するAmazonギフト券の購入を自動検知するシステムなどを使って利用履歴をチェックしています。

今までにAmazonギフト券の購入履歴のない利用者が突然大量購入すると現金化が疑われマークされるので、Amazonギフト券の大量購入や連続しての購入は避けましょう。

利用するAmazonギフト券買取業者は慎重に選ぼう

数多く存在するAmazonギフト券買取業者の中には、悪徳業者が潜んでいる可能性があります。

利用者側が逮捕されるリスクはなくても、トラブルに巻き込まれるリスクはあります。

提示された買取金額が振り込まれなかったなど理想的な現金化ができないことに加え、カード会社やAmazonに現金化目的だと判断される可能性も高まりますので業者選びは重要です。

信頼できるAmazonギフト券買取業者を選ぶには、業者の会社情報や口コミ・評判などを見て正確な情報を掴んでおくことが必須です。

Amazonギフト券を現金化する方法

Amazonギフト券を現金化する方法を紹介します。

電子ギフト券買取サイトを利用する

買取サイトを利用すれば換金率70%〜80%での現金化が可能です。

買取率の高いサイトを探せば、90%台での換金率を可能としているサイトもあります。

利用方法は簡単で、申し込みフォームに必要事項を入力しギフト券番号を送信すれば、早いサイトだと10分で現金が振り込まれます。

24時間営業しているサイトがほとんどなので、自分の都合のいいタイミングで申し込みできるのもポイントです。

店舗型買取業者を利用する

店舗型買取業者とは所謂金券ショップと呼ばれる店舗です。

金券ショップでもAmazonギフト券を買い取ってもらえますが、店舗まで出向かなければいけないというデメリットがあります。

また、Amazonギフト券購入時のレシートが必要になる場合が多く、レシートを保管していない場合は利用することができません。

オークションサイト

ヤフオクやモバオクなどのオークションサイトではAmazonギフト券を出品することができます。

場合によっては高く落札される可能性もありますが、相場としては買取サイトに劣ります。

また、個人間の取引となるためトラブルが起きた際などに自分で解決しなければならなく、面倒なことになるかもしれません。

友人や知人に買い取ってもらう

Amazonギフト券を買い取りたい!という友人が身近にいればやり取りも楽で、最も安全な現金化方法だと言えるでしょう。

まとめ

今回は、Amazonギフト券の違法性について確認しました。

高換金率でクレジットカードのショッピング枠を利用できるAmazonギフト券買取での現金化は、最も効率的な現金化の方法だと言えます。

Amazonギフト券買取での現金化に違法性はないので、安心して利用できますが、現金化目的を疑われる不自然な買い方や買取業者の選び方には慎重になる必要があります。

この記事では安全に利用できるおすすめのAmazonギフト券買取サイトの紹介や比較をしていますので、買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました