コンビニでは買えない1000円分のAmazonギフト券の購入方法

アマギフ 1000円 amazonギフト券

1,000円分のamazonギフト券が欲しいのに売っていない、amazonギフト券は少額で買えないのか、など疑問がある方も多いのではないでしょうか。

実は、amazonギフト券は最低15円から購入することができます。

コンビニでは最低1,500円からの購入しかできませんが、1,000円分のamazonギフト券はオンラインストアで購入できます。

今回は、オンラインストアで購入することができる1,000円のamazonギフト券について購入手順や注意点もご紹介していきます。

コンビニでは購入することができない1,000円分のamazonギフト券

コンビニや家電量販店などの店頭で販売されているamazonギフト券には、1,000円分のamazonギフト券が存在しません。

普段、amazonギフト券を購入する場合は、コンビニなどから手に入れている方も多いのではないでしょうか。

現在、1,000円分のamazonギフト券は、オンラインストアでのみ購入することが可能になっています。

コンビニで購入できるamazonギフト券

コンビニなどの店頭で購入することができるamazonギフト券は、最低購入金額が1,500円からとなり最高50,000円まで購入することが可能になります。

店頭で購入したい場合は、1,500円から50,000円までの金額になります。

amazonギフト券は、2種類のタイプから購入することができます。

1つは、店頭で販売されているラックに掛かっているカードタイプです。

もう1つは、マルチメディア端末から発行することができるシートタイプです。

カードタイプとシートタイプの2種類について、それぞれ説明していきます。

カードタイプ

カードタイプのamazonギフト券は、コンビニなどの入口付近に設置されていることが多く、目に付きやすいのではないでしょうか。

こちらのタイプは、裏に記載されているギフト券のコード番号をamazonアカウントに登録することで使用することができるようになります。

販売されている場所は、コンビニやスーパーなどの店頭になります。

お支払い方法は基本的に現金のみでのお取扱いとなっています。

購入できる金額は、3,000円 5,000円 10,000円 20,000円と1500円から50,000円まで1円単位で金額を自由に設定することができるバリアブルカードが販売されていて、有効期限はカードを発券してから10年間となっています。

シートタイプ

コンビニに設置されているマルチメディア端末から発券することができるamazonギフト券がシートタイプになります。

amazonから購入する場合でも、支払い方法をコンビニ決済に設定した時は、マルチメディア端末を使用して購入手続きをする必要があります。

マルチメディア端末は、各コンビニで仕様が異なってきます。

販売場所はコンビニのマルチメディア端末から購入となり、お支払い方法は端末から発券をして、レジで現金でのお支払いになります。

購入できる金額は、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円の6種類から選択することができます。

1,000円分のamazonギフト券を購入するには

amazonギフト券を1,000円分のみ購入するためには、オンラインストアを利用しましょう。

オンラインストアでは、15円から500,000円まで1円単位で自由に金額を選択することが可能になるので、1,000円と金額を入力することで、1,000円分購入することができます。

Eメールタイプ

オンラインストアから購入することができる便利なEメールタイプ。

Eメールタイプは、購入した時に自分が指定したEメールアドレスにギフト券のコード番号が送られてくるamazonギフト券です。

プレゼントしたい方のEメールアドレスを設定することで、プレゼント用にも利用でき、Eメールタイプも15円から500,000円までの金額を指定して購入できます。

印刷タイプ

amazonギフト券を購入してから、アカウントにダウンロードをする印刷タイプは、PDFファイルをダウンロードし、印刷することでギフト券の番号を発行することができます。

印刷タイプの使い方は、印刷をしたギフト券へ手書きでメッセージを描いてプレゼントするギフト券なので自分用にはあまり向いていませんが、1,000円分のamazonギフト券を購入できる方法になります。

販売場所はオンラインストアでの購入になり、購入できる金額は15円から500,000円までを指定して購入できます。

お支払い方法は、クレジットカードのみとなっていて、有効期限は10年間となっています。

PDFファイルを保存して、印刷して使用することができ、デザインは27種類あります。

グリーティングカードタイプ

カードタイプのギフト券と化粧封筒、グリーティングカードの3つが1セットになっているグリーティングカード。

こちらも印刷タイプ同じく、自分用というよりはプレゼント用のタイプになり、グリーティングカードに手書きのメッセージを添えられます。

もしもプレゼント用に購入する場合は、印刷タイプよりもグリーティングタイプの方がプレゼント感が強くおすすめです。

金額を自由に設定することはできませんが、1,000円のギフト券は販売されています。

販売場所はオンラインストアで、お支払い方法はコンビニやATM、電子マネー、ネットバンキング、クレジットカードから選択できます。

購入できる金額は、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、50,000円の7種類から選べ、有効期限は10年間です。

チャージタイプ

amazonギフト券を1,000円分自分用として購入したい場合は、チャージタイプが一番良いでしょう。

amazonアカウントにサインインしてからチャージタイプのギフト券を購入すると、自動でアカウントにチャージしてくれます。

ギフト券のコード番号を入力することなくすぐに使用できます。

amazonギフト券の中では、自分用のギフト券だと言えるでしょう。

販売場所はオンラインストアで、お支払い方法はコンビニやATM、電子マネー、ネットバンキング、クレジットカードから選択できます。

購入できる金額は、15円から500,000円の間で1円単位で指定することが可能となっていて、有効期限は10年間です。 

15円から購入できる

コンビニでは最低1,500円からのみ購入可能ですが、オンラインでは最低金額が15円となっているため低価格で購入ができるようになります。

オークションでは、1円から出品されることもあるため、15円で販売されていてもおかしくはないのですが、低価格の15円から出品している人の多くは、アカウントの評価を上げるために行っている場合もあります。

1,000円分のamazonギフト券購入方法

Eメールタイプのギフト券を購入する方法をご紹介していきます。

①amazonオンランストアから、検索バーでamazonギフト券 Eメールタイプと検索します。

②検索して出てきた商品を選択し、デザインタイプを設定することができます。

③次にamazonギフト券の金額を設定します。

¥1,000のボタンを選択するか、金額を入力の欄に1000と入力してください。

④プレゼントする相手のメールアドレスや、自分用に購入する場合は、自分のメールアドレスを入力してください。

プレゼント用の場合は、贈り主としてメッセージを入力することができるので入力してカートに入れましょう。

⑤レジに進んで、お支払い方法を選択していきます。

⑥購入内容を確認し、注文を確定するボタンを選択し、購入が完了となります。

この方法で1,000円分のamazonギフト券を購入することができます。

amazonギフト券を購入することができたら、後は自分のアカウントにチャージするだけです。

Eメールタイプはチャージが必要ですが、チャージタイプの場合は、直接チャージされるのでその必要はありません。

amazon以外でも1,000円分のギフト券は購入可能?

ここまではamazonのオンラインストアから購入する方法をお伝えしてきましたが、amazon以外からもamazonギフト券を1,000円分購入することができます。

ヤフーオークションでamazonギフト券を購入

ヤフーオークションからは、amazonギフト券が数多く出品されています。

オークションなので、1円からの出品もされています。

amazonギフト券を購入したい場合、1,000円分は1,070円程で出品されていたりもしますが、時間によっては定価よりも安く購入することも可能になります。

ヤフーオークションでの支払い時にはTポイントが利用できます。

普段の買い物で貯まっているポイントがある場合は、お得にamazonギフト券の購入ができます。

会員登録が必要になるデメリットも

オークションやギフト券売買サイトを利用するには、新規会員登録をする必要があります。

この作業を面倒に思う方も多いのではないでしょうか。

また、ギフト券売買サイトでは、アカウントに金額をチャージして購入する方法が多いため、直接的にクレジットカードでの購入などができない場合もあります。

そのため自分に合ったサイトを見つけられると苦にならずお得に買えるようになります。

また、利用規約に違反した場合、amazonからギフト券を無効にされてしまう可能性があります。

今は少なくなったのですが、以前はオークションなどで転売されていた多くのギフト券が無効化されていたこともありました。

デメリットがあることを把握したうえで利用していきましょう。

amazonギフト券を換金する

amazonギフト券を換金する方法として、ヤフーオークションに出品する方法があります。

amazonギフト券を検索すると、数多くのギフト券が存在し、入札されています。

ヤフーオークションは、日本で最も人気がある、オークションサイトになります。

欲しい商品が正規の値段よりも安い値段で購入できたり、今はもう販売されていない商品も購入することが可能になります。

また、amazonギフト券を現金化する方法として、ギフト券売買サイトを使用する方法もあります。

ギフト券売買サイトとは、ギフト券を購入したい人と売却したい人がマッチングできるようになっている仲介サイトです。

基本的に1,000円以下で購入することができたり、大きい金額の場合は、時期によっては20%オフで購入することができたりします。

1,000円のamazonギフト券も買取が可能?

使い道がないamazonギフト券がある場合は、買取サイトで換金することも可能になります。

ですが、買取サイトによっては最低買取額というものが設定されている場合もあるため、全てのamazonギフト券が買取できるというわけではありません。

500円分のamazonギフト券から買取してくれるサイトもあれば、3,000円以下は買取できないとサイトまであります。

もしも、amazonギフト券の買取を申し込もうとしている際には、その買取サイトの最低買取額を確認しておきましょう。

分からない場合は、各サイトのホームページ内にあるQ&Aなどの項目を確認すると良いでしょう。

少額のamazonギフト券の買取の注意点

500円分や1,000円などの少額なamazonギフト券の買取りを申し込みする際に注意すべきなのは買取率です。

少額のamazonギフト券だと、買取率が低くなる可能性があります。

最終的に口座に振り込まれる金額が少しでも多くなるようにするためには、少しでも高く買取りをしてくれるサイトを利用するのが良いでしょう。

まとめ

今回は、amazonギフト券を1,000円分を購入できるタイプや購入する方法を紹介しました。

1,000円分のamazonギフト券は、コンビニで購入することができませんが、オンラインストアでは、Eメールタイプ、チャージタイプ、印刷タイプ、グリーティングカードタイプの4つのタイプから1,000円分購入できます。

それぞれタイプによって違った良さがあるため、使いたい用途に合わせて購入するタイプを決めましょう。

もし、使っていないamazonギフト券を現金化する際は換金率が高く、なるべく手間がかからない方法で換金すると良いでしょう。

amazonギフト券買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました