ビットコインでAmazonギフト券を購入する方法|販売サイト・手順

ビットコイン amazonギフト券 amazonギフト券

ビットコインとは仮想通貨の中でも有名な仮想通貨です。

有名であるだけ使用範囲も広く、Amazonギフト券を購入することもできます。

ビットコインでAmazonギフト券を購入することができると、自分で使うことはもちろん、転売することで現金に換えることも可能ですが、Amazonの公式サイトからはビットコインでの決済はできません。

ですが、外部のサイトからであればAmazonギフト券をビットコインで手に入れることができます。

そこで、今回はビットコインでAmazonギフト券を購入することができるサイトや、購入方法、Amazonギフト券を購入するメリットをご紹介していきたいと思います。

Amazonギフト券をビットコインで購入できるサイトと購入方法

仮想通貨のひとつであるビットコインはインターネット上で使用することができる通貨です。

紙幣のように現金化することはできないため、手に取ることができない通貨になりますが、通常の日本円であったり、世界で使用されているドルなどと何ら変わりはないため、ビットコインを使いAmazonギフト券などを購入することが可能です。

そこで、Amazonギフト券をビットコインで購入することができる日本語対応のサイトと、そのサイトでの購入方法をご紹介していきます。

Bitでマネー

Bitでマネーというサイトでは、ビットコイン、モナコイン、ライトコインの3つの仮想通貨を使うことができます。

また、ビットコインなどの仮想通貨からプリペイドカードも買うこともできて、注文・入金から最短10分程で届きます。

ユーザーの登録をする必要もなく、入力する項目はメールアドレスのみのため、簡単に使えるサイトと言えます。

主にBitでマネーで取扱いのある商品は、Amazonギフト券、Google Playカード、WebMoney、App Store & iTunesギフトカード、ニンテンドープリペイドカード、楽天ポイントギフトカード、Vプリカギフト、Steamプリペイドカードなどです。

この他のギフト券を購入したい場合は、商品リクエストページからリクエストすることで、上記以外のプリペイドカードの取り扱いも検討してくれるかもしれません。

Bitでマネーでの購入方法

まずは、トップページから購入したい金額のAmazonギフト券を選びます。

購入したいギフト券を選択すると、支払い通貨を選択する画面が出てくるので、ビットコインを選択してください。

プリペイドカードを送付するメールアドレスを入力して、右下の注文ボタンを選択します。

入力したメールアドレス宛に、支払いアドレスと金額が記載されているメールが届きます。

届いたメールに記載されているURLとQRコードから購入したAmazonギフト券の金額が合っているかを確認し、送金ボタンを選択しましょう。

Amazonギフト券が指定したメールアドレスに届いたら、購入完了です。

Bitでマネーでは、ビットコインのほかにライトコインやモナコインを支払いに使うことが可能になっていますが、現金やクレジットカードでは購入できないので注意してください。

PAXFUL(パックスフル)

PAXFULは、個人間でのビットコイン売買を手軽に行うことができるビットコインの販売所とも言えるサイトです。

クレジットカードや銀行振込、PayPal、ギフトカードなどの決済手段が300種類以上あります。

アメリカで運営が行われているサイトなので、ヘルプのページなどでは日本語が対応されていない部分もありますが、基本的なビットコインなどの取引では支障はないと言えるでしょう。

また、個人間でやり取りする場合に詐欺などの不安がある方も多いと思いますが、販売している人はPAXFUL側にて審査が行われているので、安心して利用できます。

ですが、取引する際は個人間でやり取りするため、取引の条件などについては細かい部分までしっかり確認してから取引を行いましょう。

PAXFULでの購入方法

PAXFULのトップページを開きます。

この時点で日本語の設定がされていない場合は、右上のLogin(ログイン)Register(登録)の横にある地球マークを押すことで言語を選ぶことができます。

購入の下にあるビットコインにカーソルを合わせて、ビットコインの右上にある売却を選択すると、購入の部分が売却に変わります。

次に、Get paid via(支払いの受け取り方)のすべてを表示をクリックしAmazonギフトカードを選択します。

I Want To Spendで任意の通貨をクリックし日本円(JPY)を選択して、Find Offers(オファーを探す)を選択してください。

新たなウィンドウが表示されたら少し下にスクロールしAmazonギフトカードの取引先の人を選択します。

購入したい商品の販売を選択して、購入したいAmazonギフト券の金額を入力し完了です。

amaten

amatenとは、ビットコインやモナコイン、銀行振込で利用することができる、個人売買のサイトです。

amatenを利用することで、Amazonギフト券やApp Store & iTunesギフトカードなどのギフト券を最大20%オフで手に入れられる場合もあります。

amatenでは、約4,000点の商品が出品されていて、その中でもAmazonギフト券は定価より安く出品されていることもあるので、お得に購入することができます。

amatenを利用するには、最初にチャージが必要となるので、アカウントの登録をした後にビットコインからチャージを行いましょう。

amatenの主な取扱商品には、Amazonギフト券、Google Playカード、WebMoney、App Store & iTunesギフトカード、LINEプリペイドカード、楽天ポイントギフトカード、DMMプリペイドカード、ビットキャッシュがあります。

そのため、逐一支払い手続きをする必要はありません。

アカウントにチャージする方法は銀行振込の他に、ビットコインとモナコインがあります。

amatenでの購入方法

まずはビットコインから現金をチャージします。

チャージの方法は、トップページの右上にあるメニューを開き、チャージを選択してください。

チャージの画面が出てきたら上のビットコインを選択し、お振込み時の名義人とチャージ申込み金額を入力しましょう。

確認するを選択すると、確認画面が表示されるので、誤りがないか確認してからチャージ依頼するを選択すると、チャージ依頼の完了という画面が出ます。

最後に、ビットコインのウォレットを開いて、送信先に今回のご請求と決済用のアドレスを入力して、送信を押すと手続きが完了します。

チャージが完了したら、トップページからAmazonを選択します。

購入したいAmazonギフト券を選び、買うを選択してください。

画面に従って登録をすることで、30分以内に確定処理がされます。

ギフトバンク

ギフトバンクは東京都千代田区に実店舗がある金券ショップになります。

東京のJR神田駅前の店舗でAmazonギフト券や金券などを即日現金化してくれて、Amazonギフト券の買取や販売も行っています。

お支払いの際には、ビットコインnemでの仮想通貨が使用可能になっています。

インターネット上でのやり取りはできないので、直接店舗まで足を運ぶ必要はあるのですが、年中無休で営業していて駅から徒歩1分とアクセスしやすい場所でもあるため、利用しやすい店舗となっています。

ビットコインの特徴

ビットコインはお金と同じような扱いなので、使い道もお金とほぼ変わりません。

Amazonギフト券などを購入するほかに投資をする目的でも使用されるビットコインの特徴を5つにまとめて説明していきます。

管理している組織がない

まず、ビットコインの一番の特徴は、ビットコインの発行や流通を管理している組織がないということです。

日本円やドルの場合は中央銀行が発行や流通の管理を行っているのですが、そういった管理をしている組織が存在しないため、ネットワークを利用して管理されています。

新しく発行されたビットコインであったり、ビットコインを用いた取引では全てネットワーク上のデータとして記録されていて、ネットワーク上のデータの記録を公開することで二重支払いや不正発行を防いでいます。

また、ビットコインには最大発行量が決まっていて、2,100万BTC(ビットコインの単位)とされていて、インフレが起きるのを防いでいます。

※BTCとは、ビットコインの略であり円やドルのようなものです。

個人で自由に扱える

ネットワーク上にある通貨であり、管理する組織がないことにより、通常の通貨と比べるとビットコインは個人で自由に扱いやすいものとなっています。

扱いやすいというのは、通常は通貨を送金する際に銀行を仲介してもらっていたので、その手数料や時間がかかっていたのですが、管理されている場所がないため送金や支払いなどを手軽にやり取りできるようになりました。

少額で送金する場合、手数料を支払うことに抵抗があると思いますが、ビットコインを使えばそのコストを減らせます。

しかし、ビットコインで送金し合う場合は、お互いにビットコインを使えなければ意味がありません。

普及率が低いことはビットコインを扱う上での大きな課題になるでしょう。

ウォレットという新概念

ビットコインはウォレットに保存されます。

ウォレットとは、日本の円やドルでいう銀行口座のようなもので、コインを所持している人は必ずウォレットがあります。

ビットコインは匿名性が高い

先ほども説明しましたが、ビットコインを用いた取引はコンピューターにネットワーク上のデータとして保存されています。

このデータをブロックチェーンと言います。

ビットコインが使われた取引の記録はブロックチェーンに残り、公開されています。

ですが、これらの取引が誰によってされたのか、取引に使われたアドレスなどの情報は記録されませんので、ビットコインは匿名性が高いと言えるのです。

日本で作られたモナコイン

ビットコインの他にも仮想通貨は存在していて、日本で作られた仮想通貨にはモナコインがあります。

モナコインは日本で開発された仮想通貨であるため、ビットコインよりも取引の完了までの時間が短縮できます。

モナコインの単位はMONAです。

Amazonギフト券をビットコインで購入するメリット

ビットコインで購入するとクレジットカードがいらない、手持ちの現金を使用しなくてもよいというメリットがあります。

クレジットカードが必要ない

Amazonギフト券をビットコインで購入する最大のメリットは、クレジットカードの情報を登録しなくても良いと言うことです。

個人情報の漏洩などクレジットカードを登録することで起こり得るリスクや、登録する際の手間がなくなります。

また、クレジットカードを所持していない人でも、気軽にネットショッピングが楽しめます。

現金振り込みであったり、代金引換といった方法は今までもありましたが、現金振り込みの場合は、振り込みに行く手間が発生したり、代金引換では、手数料が取られたりと無駄なコストがありました。

クレジットカードを所持していない人には、ビットコインでの支払いは余計なコストがかからないメリットが多い支払い方法と言えるでしょう。

手持ちの現金を使用せず購入できる

ビットコインを使うことで、財布や銀行口座にある現金を使わずにAmazonギフト券を購入することができます。

例えば、急な出費や給料日前などのため、なるべく現金を使いたくないという場合でも、仮想通貨を持っていることでAmazonギフト券を購入し、日用品なども購入することができます。

まとめ

今回は、BitでマネーやPAXFUL、amaten、ギフトバンクのようなサイトを利用し、Amazonギフト券をビットコインで購入する方法をご紹介しました。

他にもビットコインでAmazonギフト券を購入できるサイトはありますが、今回は日本語に対応している4つのサイトをまとめましたので参考になれば幸いです。

支払いの方法はどのサイトでも簡単になっていて、Amazonギフト券を購入したい金額分を注文し、ビットコインのウォレットに金額とメールアドレスを入力するだけです。

また、Amazonギフト券以外の電子ギフト券なども購入することができるのでチェックしてみても良いのではないでしょうか。

Amazonギフト券買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました