Amazonギフト券を安く割引価格で購入する方法【格安】

amazon ギフト 安く amazonギフト券

Amazonギフト券は大手ショッピングサイトAmazonで現金と同様に利用することができる大変便利なギフトカードです。

公式サイトや正規の取扱店で購入しても良いのですが、せっかくならできるだけ安く購入したいと思うのが普通ですよね。

この記事では、Amazonギフト券を少しでも安く手に入れたい人向けにAmazonギフト券を割引価格で販売しているサイトと格安で購入する方法をご紹介します。

Amazonギフト券を安く購入する6つの方法

それではAmazonギフト券を通常より安く購入できるサイトと方法を紹介していきます。

ギフト券売買サイト

ギフト券売買サイトとは、不要になったギフト券を売りたい人とギフト券を安く買いたい人の仲介サイトのようなものです。

売買サイトではAmazonギフト券が10%以上の割引価格で販売されています。

購入する際の手順も簡単で、売買サイトにアクセスして欲しいギフト券を選び購入するだけです。

他の安く買える方法のようにポイント還元として受け取れるのではなく、購入金額が割引されているのも嬉しいポイントです。

売買サイトを利用するメリット

・安く購入することができる
・購入手順が簡単
・購入後すぐに使える

安く購入することができる

売買サイトでAmazonギフト券を購入する最大のメリットは安くAmazonギフト券を購入することができるという点です。

割引率は出品者によって異なりますが、10%以上の割引価格で販売されていることもあります。

購入手順が簡単

売買サイトはインターネットで購入することができるため、自宅から出ることなく購入できるのも便利です。

店舗で購入しようとすると、そこまでの交通費がかかります。

また、購入手順もシンプルになっているので初めて利用する方でも安心です。

購入後すぐに使える

売買サイトで購入したAmazonギフト券は、決済するとコードが表示されるので、すぐにAmazonでのお買い物に使えます。

売買サイトを利用するデメリット

・使用済みのギフト券の可能性がある
・30分以内に登録しなければいけない
・トラブルがあった場合は個人間のやり取りをしなければいけない

使用済みのギフト券の可能性がある

売買サイトで販売されているギフト券は個人が出品しているため、購入したギフト券が使用済みの可能性もあります。

売買サイトでは使用済みのギフト券が売られないようにチェックを行っていますが、稀に使用済みのギフト券が販売されてしまうというトラブルもあるようです。

30分以内に登録しなければいけない

売買サイトで購入したAmazonギフト券は、30分以内に登録をしなければなりません。

登録せずに30分経ってしまうと、利用できなくなってしまいます。

トラブルがあった場合は個人間のやり取りをしなければいけない

購入したギフト券についてトラブルが発生した場合、出品者と購入者の個人間でやり取りをして解決する必要があります。

あくまで売買サイトは仲介としての役割を担っているだけなので、トラブルの際は当人同士で解決することが求められています。

売買サイトでAmazonギフト券を割引で購入する手順

ここからは売買サイトでAmazonギフト券を購入する手順をご説明します。

売買サイトはいくつもありますが、どのサイトも購入の流れはほとんど同じです。

①新規会員登録
②本人確認書類の提出
③ギフト券売買サイトへ入金(チャージ)
④購入したいAmazonギフト券を選んで購入
⑤ギフト券が利用できたかを報告

上記の5つの手順で購入することができます。

Amazonのキャンペーン

Amazonでは定期的にAmazonギフト券のキャンペーンを開催しています。

キャンペーン時にAmazonギフト券を購入することで、リスクなくお得に入手することができます。

キャンペーンの内容はその時によって変わりますが、主に下記のキャンペーンが開催されています。

・5,000円以上の注文で、1,000円分のポイント還元
・チャージするといつでも最大2.5%ポイント還元

前者のキャンペーンは定価より20%OFFで購入することができるのでかなりお得ですが、初めて利用する時のみ適用となっています。

後者のキャンペーンは常時行われていて、チャージタイプを購入する際に最大2.5%のポイントが還元されます。

ただし、ポイント還元には条件があり、現金で5000円以上のチャージが必要で、コンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかで支払う必要があります。

コンビニ払いでポイント還元

コンビニでAmazonギフト券を購入する際の支払い方法は原則として現金払いのみとなっています。

しかし、セブンイレブンでは電子マネーnanacoでの支払いも可能となっています。

nanacoにクレジットカードでチャージすることで、ポイントが付きます。

ポイント分お得に買えることになります。

オークションサイト

オークションサイトではAmazonギフト券が安く出品されていることがあります。

Amazonギフト券を買えるサイトは以下の2つとなっています。

・ヤフーオークション
・モバイルオークション

売買の仲介サイトとして現代の主流となっているメルカリなどのフリマアプリではギフト券の販売が禁止されています。

ヤフーオークション

ヤフーオークションはオークションサイトの中で最大手ということもあり、出品者が多いことが特徴です。

オークションは出品数が多いほど価格競争が起こるので、他のサイトより安く出品される可能性が高いと言えます。

そして、ヤフーオークションはYahoo Japan!が運営しているので、審査が厳しくトラブルが少ないので安心して利用できるのもポイントです。

月額利用料:498円
販売手数料:8.64%
購入手数料:不要

モバイルオークション

モバイルオークションは月額利用料が360円となっているので、ヤフーオークションよりも安く利用できます。

その代わり購入手数料がかかりますが、まとめ買いをすれば購入手数料を差し引いてもお得に購入できます。

また、モバイルオークションは販売手数料が無料となっているので、出品する側に有利なサイトとなっています。

月額利用料:360円(初月無料)
販売手数料:無料
購入手数料:有り

金券ショップ

ギフト券や商品券を安く購入したいと思った時に、思いつくのが金券ショップ。

しかし、Amazonギフト券を取り扱っている金券ショップは全国でも限られています。

そのほとんどが都心に集まっているので、遠方から出向くとなると交通費もかかるのであまりおすすめできません。

ポイントで交換

Amazonギフト券はポイントで交換して入手することができます。

買い物で貯めたポイントがある場合は、ポイントとAmazonギフト券を交換することでお得に手に入れられます。

ポイントでAmazonギフト券に交換する3つの方法を紹介します。

nanacoカード

セブンイレブンではnanacoカードのポイントを使用してAmazonギフト券と交換することができます。

コンビニでAmazonギフト券の購入に電子マネーが利用できるのはセブンイレブンのみとなっています。

nanacoカードのポイントはセブンイレブン以外にもイトーヨーカドーや西武、そごうなどでのお買い物でもポイントが付きます。

ポイントは100円につき1ポイント付与されるので、普段のお買い物もnanacoカードを利用しているとAmazonギフト券が交換できるほどのポイントを貯めることができるでしょう。

Tポイント

Tカードは全国にも提携先が多く、キャンペーンも頻繁に行われているのでポイントが貯めやすいです。

このTポイントを使ってヤフーショッピングでAmazonギフト券を購入することができます。

Amazon公式サイトではTポイントを支払いに使うことができませんが、ヤフーショッピングではAmazonギフト券をTポイントを使って購入が可能です。

注意点として、同じYahooが運営するヤフーオークションではTポイントで全額を支払うことはできません。

1円以上他の支払い方法と組み合わせる必要があります。

セブンカードプラス

セブンカードプラスはクレジットカードの中でも唯一Amazonギフト券をポイントで交換できるカードです。

このセブンカードプラスはnanacoカードと一体型のクレジットカードになっていて、入会時には2000ポイントの付与がされます。

また、nanacoにチャージする毎に200円につき1ポイント、nanacoで買い物をする毎に100円につき1ポイントが付きます。

JCB、VISA加盟店での買い物や公共料金、ETCをクレジット払いにすることでもポイントが付くので、毎月の支払いをセブンカードプラスに変えることで、Amazonギフト券に交換するだけのポイントが貯まるでしょう。

Nanacoはセブンイレブンでのみでしか使えないので、貯まったポイントでAmazonギフト券に交換する際は、セブンイレブンの店頭で交換することになります。

Amazonギフト券が安く買える理由

紹介してきたようにAmazonギフト券を安く手に入れる方法がいくつかありましたが、なぜAmazonギフト券は安く買えるのでしょうか?

理由は大きく分けて3つあります。

・Amazonギフト券はAmazonでしか利用できない
・Amazonギフト券には有効期限がある
・現金化目的で購入した人が売りに出した

Amazonギフト券はAmazonでしか利用できない

Amazonギフト券はAmazonでのお買い物でしか利用できません。

Amazonは最大手ショッピングサイトなのでほとんどの商品が揃っていますが、どうしても現金でしか買えない欲しいものがある時もあるでしょう。

そんな時に手持ちの現金がなく、Amazonギフト券だけは持っているという状況であれば、Amazonギフト券を売却することを考えますよね。

「現金を手に入れたい」「Amazon以外のサイトや店で買い物をしたい」という状況の人からすると、自分が購入した金額よりも少々安くなってもいいから売りたいという思いになります。

そのような人が安く売りに出したAmazonギフト券が安く購入できる理由です。

Amazonギフト券には有効期限がある

Amazonギフト券には種類に関わらず発行から10年の有効期限が設定されています。

有効期限内に利用する予定のない人は、所持しているAmazonギフト券を売りに出します。

その売りに出されたAmazonギフト券を定価より安く購入できるのです。

現金化目的で購入した人が売りに出した

Amazonギフト券は換金性の高い商品ですので、最初から現金化目的で購入し売る人がいます。

現金を手に入れるために安く売られたAmazonギフト券が存在することも安く買える理由の一つです。

Amazonギフト券を安く買うことで注意すべき点

Amazonギフト券を安く買えることで得られるのはメリットしかないように思えますが、その分注意すべき点もあります。

買い物し過ぎに注意

定価より安くAmazonギフト券を買えたからと言って、元々買う予定だったもの以外にも色々買い物をしてしまうとよくありませんよね。

安く買えても必要なものだけ買うように心がけましょう。

有効期限がある

Amazonギフト券には種類に関わらず発行から10年という有効期限が設けられています。

特に、売買サイトやオークションなど他者から購入したAmazonギフト券は有効期限が短いものも多いため注意しなければなりません。

Amazonギフト券を安く購入して高く売却

Amazonギフト券を安く購入できたら、買取サイトで買い取ってもらい現金化するという方法もあります。

Amazonギフト券を売る際は、換金率の高い買取サイトを選ぶのが大切です。

失敗しない買取サイトの選び方

買取サイトを選ぶ際のポイントを紹介します。

買取率

買取サイトにギフト券を売却する際に、誰もが最も重視するのは買取率でしょう。

各買取サイトでは券種ごとに買取率を公表していますので、複数のサイトを比較して買取率が高いサイトを選ぶことをおすすめします。

振込までにかかる時間

早いところだと最短10分での振込を可能としています。

急いでいる場合は、振込までの時間を確認してから早いサイトに申し込みましょう。

ただし、振込までの時間は混雑状況により変動します。

最短10分などと謳っていても、実際には30分以上かかることも少なくありません。

早く振り込んで欲しい時は、買取サイトのトップページなどに振込までの時間を明確に公表しているサイトを選びましょう。

手数料の有無

買取率が高くても、そこから手数料が多く引かれてしまっては実際に振り込まれる金額が少なくなってしまいます。

買取率を見る際には、手数料も同時に確認するようにしましょう。

まとめ

売買サイトやオークションサイトを利用すれば、安くAmazonギフト券を購入できるというメリットもありますが、個人間での取引であるためトラブルが起きるリスクもあります。

安全に安くAmazonギフト券を購入したいという人は、Amazonのキャンペーンで購入することをおすすめします。

Amazonギフト券を買取サイトに売却する場合は、買取サイト選びにも気をつけましょう。

おすすめのAmazonギフト券買取サイトについては、この記事で詳しく比較していますので買取サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました